パラ陸上佐藤選手が五輪相と会談/「新国立、象徴に」

2015/07/30 12:34

 

 パラリンピック陸上選手の佐藤真海さん(右)と握手する遠藤五輪相=30日午前、東京都千代田区

 パラリンピック陸上選手の佐藤真海さん(右)と握手する遠藤五輪相=30日午前、東京都千代田区

 遠藤利明五輪相は30日、2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場(東京都新宿区)をめぐり、パラリンピック陸上選手の佐藤真海さんと大臣室で会談した。佐藤さんは「(国立競技場は)観客が『スポーツの力』を感じられる象徴になる。誰もが行きやすい場所にしてほしい」と訴えた。

 政府が9月上旬までに策定する新たな整備計画に向け、遠藤氏がアスリートや有識者らから意見聴取する第1弾で、8月中旬にかけて実施する。

 佐藤さんは、障害者らに配慮した環境整備や選手の暑さ対策も要望。遠藤氏は「費用との兼ね合いを考えながら検討したい」と応じた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459