米軍跡地を国際医療の拠点に/沖縄・宜野湾市が計画策定

2015/07/24 17:31

 

 西普天間住宅地区の跡地利用計画を策定し、記者会見する宜野湾市の佐喜真淳市長=24日午後、沖縄県宜野湾市役所

 西普天間住宅地区の跡地利用計画を策定し、記者会見する宜野湾市の佐喜真淳市長=24日午後、沖縄県宜野湾市役所

 沖縄県宜野湾市は24日、3月末に返還された米軍キャンプ瑞慶覧の西普天間住宅地区(同市、約51ヘクタール)の跡地利用計画を策定した。移設する琉球大医学部と付属病院を中心とした国際医療拠点に約19ヘクタール、都市公園に約11ヘクタールを充てる方針だ。

 記者会見した佐喜真淳市長は「約481ヘクタールある米軍普天間飛行場の跡地利用のモデルとなるよう、国や県と連携を密にして取り組んでいく」と語った。日米の返還計画では、普天間飛行場は名護市辺野古移設を前提に「2022年度またはその後返還可能」と明記されているが、実現のめどは立っていない。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459