民主、安保廃案の行脚開始/参院で攻勢強化へ

2015/07/18 17:58

 

 仙台市で街頭演説する民主党の岡田代表=18日午後

 仙台市で街頭演説する民主党の岡田代表=18日午後

 民主党は18日、安全保障関連法案の廃案を目指し、幹部による全国行脚を開始した。岡田克也代表らが20日まで衆院選の全国11ブロックで街頭に立って衆院で採決を強行した与党を批判、参院審議で攻勢を強めたい考えだ。

 岡田氏は仙台市で、集団的自衛権行使を可能とする安保法案について、憲法学者らが「違憲」としていると強調。「参院の審議を通じて(国民の)7、8割が法案に反対となれば、安倍晋三首相もさすがに押し通せない。(廃案へ)私たちは必死に頑張る。皆さんも声を上げてほしい」と呼び掛けた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459