報道圧力、首相が公明代表に陳謝/安保法案の成立方針は一致

2015/07/01 14:14

 

 安倍首相との会談後、記者団の質問に答える公明党の山口代表=1日午後、首相官邸

 安倍首相との会談後、記者団の質問に答える公明党の山口代表=1日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は1日昼、公明党の山口那津男代表と官邸で会談し、安全保障関連法案に批判的な報道機関に対する自民党議員の一連の圧力発言に関し「迷惑を掛け、大変申し訳ない」と陳謝した。山口氏は「緊張感を持って臨む必要がある」と指摘した。両氏は安保法案に関し、議論を尽くした上で、今国会で成立を図る方針で一致した。

 一方、民主党の岡田克也代表は党会合で「自民党のおごりがあちこちで出てきた。国会で指摘しなければならない」と述べ、追及姿勢を強めた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459