福島の脱原発尊重を明記/再生基本方針で政府

2012/05/24 12:56

 

 東京電力福島第1原発事故からの福島県の再生に向け閣議決定する「福島復興再生基本方針」に、政府が「原子力に依存しない社会を目指す福島県の理念を尊重する」と明記することが24日、分かった。

 福島県側の要望を受けたもので、除染作業などで生じた廃棄物の仮置き場整備で国有地の提供を検討することや、必要な財政支援を2013年度予算から実施することも新たに盛り込む方針。

 政府は5月中の閣議決定を目指していたが、県側との調整を慎重に行うため、6月中にずれ込む見通しとなった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459