首相、小沢氏説得に決意/消費増税「大局観で協力を」

2012/05/23 13:11

 

 衆院社会保障と税の一体改革特別委で答弁のため挙手する野田首相=23日午前

 衆院社会保障と税の一体改革特別委で答弁のため挙手する野田首相=23日午前

 野田佳彦首相は23日午前の衆院社会保障と税の一体改革特別委員会で、消費税増税関連法案に反対している小沢一郎民主党元代表と来週会談するとの見通しを示し「大事な法案について協力をお願いしたい。大局観に立って、どうしても成立させなければならないとしっかり説明したい」と述べ、説得に向け決意を示した。

 同時に、消費税増税を柱とした一体改革関連法案について「民主党の党議(決定)になっている」と述べ、採決時には党議拘束がかかると強調。「長い間議論し、党としてまとめた以上は政府、与党一体で今国会中に成立を期すのは当然だ」と党内の増税反対派をけん制した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459