地下水ボーリング調査は年内開始/諫早開門で農水副大臣

2011/10/06 19:33

 

 筒井農林水産副大臣は6日午後の会見で、国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門調査の前段階で実施するとしていた地下水のボーリング調査について「本年度中に調査は終えたい。年内には開始しないといけない」と述べた。

 ボーリング調査は、開門調査で海水が入る調整池の代替水源として地下水が使えるかどうかを調べるのが目的。同省は長崎県側が主張している地盤沈下の危険についても調べ、来年度からの開門調査に向けた対策工事を早期に始めたい考え。

 これに対して長崎県の中村知事は同日午後、県庁での会見で「承知していない。開門に向けた調査が進んでいることは賛成しかねる」と反発した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459