原発容認派の現職3選/北海道岩内町長選

2011/10/02 22:37

 

 北海道岩内町長選で3選を決め、万歳する上岡雄司氏=2日夜

 北海道岩内町長選で3選を決め、万歳する上岡雄司氏=2日夜

 定期検査中の北海道電力泊原発(泊村)1、2号機の再稼働問題が争点となった岩内町の任期満了に伴う町長選が2日投開票され、原発容認派の上岡雄司氏(61)=無現=が、反対派の元町議大石美雪氏(63)=共新=を破り3選を果たした。

 岩内町は泊原発の半径10キロ圏にあり、道の防災計画で対策の重点地域に指定されている。

 上岡氏は、泊原発について「新たな安全監視体制を早期に確立する」と主張。将来的な代替エネルギー導入に意欲を見せたほか、2期8年で財政健全化を進めた実績をアピールし支持を広げた。

 大石氏は脱原発を掲げ、再稼働は住民投票で判断すべきだと訴えたが、及ばなかった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459