公益法人役員に再就職574例/自民「天下り」と追及

2011/02/10 21:35

 

 民主党政権が発足した2009年9月からの一年間で、中央府省庁の国家公務員が公益法人や独立行政法人の役員に再就職したケースが574例に上ることが10日、分かった。自民党の要請で衆院調査局が調査した。全府省庁は役所があっせんした再就職は「ない」と回答したが、自民党は「天下りそのもの」と追及する方針だ。

 574例の内訳は、国土交通省所管の公益法人などに120人、経済産業省所管に73人、文部科学省所管に64人、厚生労働省所管に61人、農林水産省所管に52人など。1人が複数法人に再就職したケースもあった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459