五島衆院議員が辞職/選挙違反事件で引責

2005/12/13 13:07

 

五島議員が辞職願提出/五島正規衆院議員 政策秘書らによる選挙違反事件で辞職願を提出後、記者の質問に答える民主党の五島正規衆院議員=13日午前、国会

 政策秘書らによる選挙違反事件で辞職願を提出後、記者の質問に答える民主党の五島正規衆院議員=13日午前、国会

 民主党の五島正規衆院議員(比例代表四国ブロック)は13日午前、政策秘書らによる選挙違反事件の責任を取り、河野洋平衆院議長に議員辞職願を提出、許可された。衆院議院運営委員会の各派理事は持ち回りで辞職を了承した。これにより同ブロック次点の高井美穂氏が繰り上げ当選する。

 五島議員は12日午後に記者会見し、議員辞職を表明。公選法違反(買収)の罪に問われた政策秘書が同日午前の高知地裁での初公判で、起訴事実を認めたため連座訴訟で失職する見通しが強まっていた。

 同議員は岡山大卒業後、1990年の衆院選で旧社会党から初当選し、現在当選6回。96年に結党した民主党に移り、党「次の内閣」厚生労働相などを務めた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459