天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

塚田一郎氏が新潟県連会長を辞任/忖度発言「けじめ」と引責

2019/04/17 19:14

 下関北九州道路の整備を巡り安倍晋三首相らの意向を「忖度した」と発言して事実上更迭された塚田一郎元国土交通副大臣(参院新潟選挙区)が17日、自民党新潟県連会長を引責辞任した。塚田氏が申し出て、県連幹部が同日に会合を開いて了承した。当面、会長職は空席となる見通しだ。

 塚田氏は辞任決定後に「ご迷惑を掛けた。支援者におわびを続けねばならず、職責の全うが難しいと改めて判断した。県民の皆さまの批判も多く、けじめをつけたい」と新潟市内で述べた。今夏の参院選には予定通り出馬するとした。

 塚田氏は、県連会長職の進退を県連側に相談したが、県連内では続投論が大勢だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.