天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

辺野古、土砂投入から3カ月/埋め立て面積広がる

2019/03/13 17:48

 沖縄県名護市辺野古の沿岸部で進む埋め立て工事=13日午後
 沖縄県名護市辺野古の沿岸部で進む埋め立て工事=13日午後

 政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で土砂投入に着手してから14日で3カ月。共同通信が上空から確認したところ、埋め立て面積が拡大し、昨年12月に土砂投入を始めた区域では海面の3分の1超が土砂で埋まった。25日からは隣接する区域で土砂投入を予定し、県がさらに反発を強めるのは必至だ。

 埋め立てが続くのは、三つの護岸で囲まれた約6・3ヘクタールの区域で、滑走路の整備を予定する。政府はこの区域を約14万立方メートルの土砂で埋め立てる計画だ。埋め立て予定区域全体の面積は約160ヘクタールで、約4%に当たる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.