天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

大雪の福井市財源難、給与削減へ/市議会に条例改正案提出

2018/06/13 19:22

 福井市は13日、2月の大雪で約12億円の財源不足になったことを理由に職員給与を削減する条例改正案を市議会に提出した。当初は給料月額を一律10・0%減らす方針だったが、市職員労働組合の反発を受け平均5・8%とした。成立すれば7月1日に施行する。

 期間は7月から本年度末まで。職員約2500人の給料月額の削減率は若手職員ほど低くし2・5〜10・0%とした。このほか、管理職手当を10・0%、市長らの特別職報酬も20・0%減らすなどする。

 市は給与削減で約5億円の財源を確保できるとしている。残る7億円は、事業見直しで約5億円、市税の収納率向上などで2億円捻出する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.