天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

失職前市長、出馬取りやめ/福岡・太宰府「一本化が必要」

2018/01/13 23:55

 市議会から2度の不信任を決議され、昨年12月に失職した福岡県太宰府市の芦刈茂前市長(68)は13日、今月21日告示、28日投開票の市長選に立候補しない考えを明らかにした。これまでは出馬するとしていたが、共同通信の取材に「改革派の一本化が必要だ」と見送りの理由を説明した。

 市長選には前市教育長の木村甚治氏(64)と元衆院議員の楠田大蔵氏(42)も既に出馬を表明。芦刈氏は「票が割れると元の市政に戻ってしまう。(木村氏に対抗するため)大局的に判断した」と述べ、楠田氏と連携する考えを示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.