天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細
 
 

少女像設置で駐韓大使が一時帰国/10日にも首相へ報告

2017/01/09 20:10

 韓国・釜山の日本総領事館前に従軍慰安婦被害を象徴する少女像が設置された問題で、一時帰国した長嶺安政・駐韓大使=9日午後、羽田空港
 韓国・釜山の日本総領事館前に従軍慰安婦被害を象徴する少女像が設置された問題で、一時帰国した長嶺安政・駐韓大使=9日午後、羽田空港

 日本に帰国するためソウルの金浦空港に到着し、記者団の取材に答える長嶺安政・駐韓大使=9日(共同)
 日本に帰国するためソウルの金浦空港に到着し、記者団の取材に答える長嶺安政・駐韓大使=9日(共同)

 政府は9日、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦被害を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置として、長嶺安政・駐韓大使と森本康敬・釜山総領事を一時帰国させた。長嶺氏は10日にも安倍晋三首相に現状を報告し、今後の対処方針について指示を受ける見通しだ。両国の対立が長期化すれば、北朝鮮対応のため強化してきた日韓や日米韓の連携に悪影響が出る懸念もあり、首相の判断が焦点となる。

 大使の一時帰国は召還に次ぐ強い抗議を示す措置。日韓外交筋によると、帰国期間は数日から1週間程度とみられるが、その間に日本政府が求める少女像撤去の動きがある見通しはない。

関連記事

powered by weblio


同じジャンルの記事

ロード中 関連記事を取得中...
 

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.