天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

金融庁報告書は「公文書」と認識/老後2千万円問題で菅氏

2019/06/12 19:40

 菅義偉官房長官は12日の記者会見で、95歳まで生きるには夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書は「公文書」だという認識を示した。「正式な報告書としては受け取らない」とする政府の立場も繰り返したが、公文書管理法に沿った適切な保存が求められることになる。

 菅氏は「公的年金こそが老後の生活設計の柱だ」と重ねて説明し、不安を払拭するために国民への説明に努める姿勢を強調した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.