天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

イージス、25年以降ずれ込みへ/秋田、山口が配備候補地

2019/05/25 17:01

 防衛省が秋田、山口両県を配備候補地とする地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の運用開始時期について、これまで目標としてきた2023年度から25年以降にずれ込む見通しとなった。地元の同意が得られるめどが依然立たない上、最新レーダーの開発や試験に時間がかかるためだ。米側の開発の進捗次第では、25年から大幅に遅れる可能性も否定できない。

 最新レーダーは、米ロッキード・マーチン社の「SSR」。政府は4月上旬、米側が本体とSSRを19年度から約5年で製造するとした答弁書を閣議決定した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.