天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

公文書保存期間設定、一部に疑義/内閣府が実態調査

2019/04/23 18:40

 内閣府は23日の公文書管理委員会で、中央省庁の公文書管理に関する実態調査の結果を公表し、一部、保存期間の設定に疑義がある事案を報告した。森友、加計学園問題を受け2017年に行政の意思決定過程の検証に必要な文書は「原則1年以上」保存するようガイドライン(指針)を改正したのを踏まえた調査。

 内閣府の公文書監察室が今年1〜2月に13府省の52部署を対象に調査したところ、(1)国会議員からの説明依頼に関する文書(2)他府省との協議事項を巡り担当課に対応を依頼する文書―などを「1年未満」の保存期間に分類した例が確認された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.