天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

長崎、水戸、大分市は現職/統一選後半戦投開票

2019/04/22 00:20

 第19回統一地方選は21日、後半戦の市町村長選、市町村議選、東京特別区長選と区議選で投票が行われ、一部の区を除き即日開票された。県庁所在地の市長選のうち、長崎では現職が新人3人を破り4選を決めた。水戸では現職が3選を、大分でも現職が再選をそれぞれ果たした。事実上の与野党対決となった東京都世田谷区長選は、野党系の現職が3選した。

 無投票を除き136市区町村長選と585市区町村議選で投票された。59市長選の平均投票率は前回2015年の50・53%を下回り、過去最低となる可能性がある。前半戦でも過去最低を記録しており、地方選への関心の低下を示す結果となった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.