天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

相模原市議選、くじ落選に異議/7日投票、無効票の数票を得票と

2019/04/18 17:14

 7日投票の相模原市議選の中央区選挙区で、くじ引きで落選した無所属新人の松浦千鶴子氏(45)が18日、市選挙管理委員会に異議を申し立てた。無効票とされたものの中に「まつうらちかこ」「まつうらちか子」と書かれたものが数票あったとしている。

 中央区選挙区では共産党現職の松永千賀子氏(64)も立候補しており市選管は内容を審議して30日以内に結果を伝える。記者会見した松浦氏は「まつうらと書かれた票は私の得票と認められるべきだ」と話した。

 中央区選挙区の最下位当選となる17番目の3158票で松浦氏と共産党新人の今宮祐貴氏(34)が並び、くじの結果今宮氏が当選した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.