天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

平成文書、公開は24年以降/政府、保存期限5年延長

2019/03/20 19:34

 内閣府は20日、1989年1月に元号を「平成」に改めた際の過程を記した公文書について、今月末までの保存期限を5年間延長すると決めた。保存期限を過ぎた文書は原則公開となるため、延長しなければ5月1日の改元に支障が生じかねないと判断した。公開は2024年4月以降に先送りされる。

 内閣府の酒田元洋総務課長は記者会見で「改元後も事務作業上、保存している文書を参照する機会が見込まれる。5年間は持っておく必要がある」と説明した。保存期限を再延長する可能性については「その時点で考える」と含みを持たせた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.