天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

辺野古、地盤改良で工期長期化/防衛相明言、くい7万本超検討

2019/02/22 13:27

 閣議後、記者会見する岩屋防衛相=22日午前、首相官邸
 閣議後、記者会見する岩屋防衛相=22日午前、首相官邸

 沖縄県名護市辺野古の沿岸部。右側が軟弱地盤が存在する海域=2018年12月
 沖縄県名護市辺野古の沿岸部。右側が軟弱地盤が存在する海域=2018年12月

 岩屋毅防衛相は22日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、埋め立て予定海域に存在する軟弱地盤の改良工事に伴い、工期が一定程度、長期化するとの認識を示した。「地盤改良という新たな要素が加わったので、その分は延びていく」と明言した。政府は、軟弱地盤の広がる埋め立て予定海域東側の海底に、砂を締め固めたくい約7万7千本を打ち込み、地盤を強化する工法を検討している。

 岩屋氏は、工期の延長をこれまでの記者会見で明確化していなかった。沖縄県は、地盤改良工事が当初計画と異なるとして反発している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.