天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

防災上重要なため池指定へ/自治体の管理強化で法案閣議決定

2019/02/19 11:06

 広島県内で点在するため池=2018年7月
 広島県内で点在するため池=2018年7月

 政府は19日、豪雨や地震によるため池の決壊被害を防ぐため、防災上重要なため池を指定し、自治体による管理を強化する新法案を閣議決定した。昨年の西日本豪雨で多数の決壊被害が出たことを受けた。今国会での成立を目指す。

 吉川貴盛農相は閣議後の記者会見で「決壊による水害を防止することが最大の目的だ。都道府県、市町村とも十分な連携が大切で、しっかりと対応していきたい」と述べた。

 法案では決壊した場合、周辺に被害を及ぼす恐れのあるため池を「特定農業用ため池」に都道府県が指定する。形状変更を許可制にするほか、都道府県による防災工事の命令や代執行ができるようにする。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.