天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

福岡空港民営化で県が出資契約/運営会社株の10%取得

2019/02/18 11:36

 「福岡国際空港」と株式取得の契約を締結し、写真に納まる福岡県の小川洋知事(左)と同社の永竿哲哉社長=18日午前、福岡県庁
 「福岡国際空港」と株式取得の契約を締結し、写真に納まる福岡県の小川洋知事(左)と同社の永竿哲哉社長=18日午前、福岡県庁

 4月に民営化する福岡空港を巡って福岡県は18日、空港の運営を担う特別目的会社「福岡国際空港」の株式の10%を取得する契約を結んだ。小川洋知事はこの日、福岡国際空港の永竿哲哉社長と県庁で会談した。

 小川知事は「福岡空港は福岡県だけでなく、九州、西日本の将来を左右する重要なインフラだ」と強調。少数にとどまっている欧米路線の拡大を要請するとともに、関西空港が昨年9月に浸水し、一時閉鎖したのを念頭に、災害時の対応で万全を期すように求めた。

 永竿社長は「今回の会談を踏まえ、事業計画を策定していく」と述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.