天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

与党、虐待防止へ法改正目指す/女児死亡事件巡り

2019/02/17 16:44

 自民党の岸田文雄政調会長は17日のNHK番組で、千葉県野田市の小4女児が死亡し、傷害容疑で両親が逮捕された事件を巡り、児童福祉法と児童虐待防止法改正案の今国会成立を目指す考えを明らかにした。「大変痛ましい虐待を深刻に受け止めねばならない。政府と協力し、法改正に向け努力したい」と述べた。

 公明党の石田祝稔政調会長も「今国会で必ず法改正したい」と強調。併せて、民法で認められた子どもに対する親の「懲戒権」が、しつけを逸脱し、子どもの利益になっていないケースがあるとの認識を示した。

 立憲民主党の枝野幸男代表も徳島市で記者団に懲戒権の見直しが必要との見解を表明した。「現実に悲惨な虐待が生じており、国民と認識を共有する観点から前向きに検討すべきだ」と述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.