天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

地方公務員の手当も過少支給に/不正調査、3300万円追加給付

2019/01/18 18:41

 厚生労働省による毎月勤労統計の不正調査が原因で、地方公務員の育児休業手当金や、公務中のけがで休業した際の補償金などが過少支給されていたことが18日、総務省への取材で分かった。不正調査が始まったとされる2004年までさかのぼって追加給付が必要で、総額は3300万円と推計している。

 推計額の内訳は、各地の地方公務員共済組合が支給する育児と介護の休業手当金が1200万円、地方公務員災害補償基金(東京)が支払う休業補償などの公務災害補償が500万円、各自治体の退職手当が1600万円。いずれも毎月勤労統計によって支給額が変動する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.