天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

五輪控え航空データの監視を強化/テロ対策、事前に貨物・旅客情報

2018/09/05 17:37

 政府は2020年東京五輪・パラリンピックに向けたテロ対策の一環として、来年3月から国際線の航空貨物と旅客のデータ監視を強化する。従来、航空会社に報告を求めていた貨物の内容や数量に加え、差出人や受取人の詳細な情報も事前提出を義務化。旅客の予約情報も電子データでの報告を求める。より詳しい情報を事前に収集し、テロや危険物の密輸を水際で防ぎたい考えだ。

 財務省関税局によると、貨物の数量や内容、差出人や受取人の氏名、住所といった情報を、官民共用の「輸出入・港湾関連情報処理システム」に報告するよう航空会社に要請。来年3月下旬から、到着3時間前までの報告を義務化する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.