天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

自民、定年7人を「特例」公認/参院選、1次60人弱決定へ

2018/07/19 20:48

 自民党は来年夏の参院選で、党内規で定める「原則70歳定年制」に抵触する比例代表選出の9議員のうち、参院副議長を務めた山東昭子氏(76)や衛藤晟一首相補佐官(70)ら7人を「特例」として公認する方針であることが分かった。第1次公認として、20日の選対本部会議で7人を含めて60人弱を公認決定する見通しだ。党関係者が19日、明らかにした。

 これまで70歳以上の公認は例外的な位置付け。今回、7人を特例とすることを巡り、世代交代を求める若手らもおり、定年の在り方が改めて議論となる可能性がある。

 対象は来年7月28日の任期満了日時点で70歳以上となる9人という。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.