天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

豪雨、首相の広島視察取りやめ/右脚に痛み、日程再調整

2018/07/14 16:03

 首相官邸は14日、西日本豪雨を受けた安倍晋三首相の15日の広島県視察を取りやめると発表した。首相が右脚の付け根の痛みを訴え、東京・信濃町の慶応大病院を受診したところ「股関節周囲炎」と診断されたため。視察は小此木八郎防災担当相が代行する。首相の広島県視察の日程は改めて調整する。

 関係者によると、首相の日常生活に支障はない。医師からは「数日間はできるだけ股関節を動かさないように」との指示を受けたという。

 首相は診察に先立つ14日午前の西日本豪雨の対策本部で、広島視察の予定を明らかにしていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.