天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

公文書改ざん、不当廃棄は免職も/政府の見直し原案判明

2018/07/13 20:57

 学校法人「森友学園」に関する財務省の決裁文書改ざんを受け、政府が策定した公文書管理の見直しの原案が13日、判明した。公文書の改ざんや組織的廃棄などが行われた場合、免職を含む懲戒処分となると人事院の「懲戒処分の指針」に明記する方針を盛り込んだほか、文書を誰が変更したかすぐ突き止められるよう、公文書の電子化を推進するのが柱。政府関係者が明らかにした。

 決裁文書改ざんなどの不正を「悪質な行為」と位置付け、免職を含め厳しく対応すると明確にすることで抑止効果を狙う。政府内で調整し、20日に見込む閣僚会議で最終決定する方針だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.