天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

国民投票法改正、今国会は見送り/与党、改憲論議へ対立回避

2018/07/04 18:32

 国会内で開かれた衆院憲法審査会の幹事懇談会=4日午後
 国会内で開かれた衆院憲法審査会の幹事懇談会=4日午後

 自民、公明両党は、憲法改正手続きを定めた国民投票法改正案について、今国会成立を見送る方針を固めた。改憲論議の本格化を目指す中、野党は早期成立に難色を示しており、対立を回避すべきだとの判断に傾いた。衆院憲法審査会は4日の幹事懇談会で5日の審議入りで合意したが、衆院で改正案採決は行わない見通しだ。与党関係者が4日、明らかにした。

 衆院での実質審議は今国会では初めてとなる。

 4日の幹事懇で改正案の提案理由説明を5日に実施する日程で合意したが、与党は採決提案を見送った。自民党関係者は「(今国会の)採決は既に諦めた」と明かした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.