天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

与党に麻生氏責任論強まる/公明幹事長「一つの課題」

2018/05/25 20:57

 与党内で25日、森友学園問題を巡る財務省の決裁文書改ざんや交渉記録廃棄を受け、麻生太郎副総理兼財務相の責任を問う声が強まった。財務省の内部調査に伴って幹部職員らの処分が近く発表されるのを見越し「政治家として、どう責任を取るかが一つの課題だ」(公明党の井上義久幹事長)との見方が広がった。ただ、麻生氏自身は引責辞任を否定し、安倍晋三首相も続投させる構えを見せている。

 井上氏は25日の記者会見で「全体像が明確になった段階で(麻生氏の)判断があるのではないか」と明言。自民党でも、一連の政権不祥事の幕引きができない状況への焦りが出ている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.