天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

働き方法案、採決持ち越し/野党、委員長解任案を提出

2018/05/23 19:32

 立憲民主、国民民主など野党6党派は23日、安倍政権が最重要法案と位置付ける働き方改革関連法案を巡る与党の国会運営に反発し、高鳥修一衆院厚生労働委員長(自民党)の解任決議案を衆院に提出した。これを受け厚労委は散会し、法案の採決は持ち越された。与党は24日の衆院本会議で解任決議案を否決し、翌25日の厚労委で働き方法案を採決する方針。

 野党6党派は解任決議案の提出理由で、高鳥氏が職権による厚労委開催を繰り返したなどと批判。「委員会運営は横暴かつ強引極まるもので、決して容認できない。言論の府である国会の権威を踏みにじる」とした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.