天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

有害鳥獣対策にICT有効/捕獲数増加、負担は減少

2018/05/21 17:57

 総務省行政評価局は21日、農作物を食い荒らす有害鳥獣の捕獲に関する実態調査の結果を公表した。遠隔操作できるわなの設置など情報通信技術(ICT)を活用している自治体では、捕獲数の増加や、猟友会員らの負担減少といった効果が出ているとして、農林水産省などに普及促進を求めた。

 行政評価局の抽出調査によると、サルやイノシシなどの捕獲にICT機器を利用した30市町村のうち、20市町村で捕獲数が増えた。多くはカメラで監視し、動物がおりに入ったら遠隔操作で扉を閉める手法を採用。おりの近くに人がいる必要がなくなったことで動物の警戒心が低下し、捕獲しやすくなったという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.