天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

六法全て平仮名使う口語体に統一/改正商法が成立

2018/05/18 12:26

 六法が口語体になった年
 六法が口語体になった年

 運送関連の取引規定を見直す改正商法が18日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。商法の約230の条文に残っていた片仮名書きの文語体が全て口語体になり、これで六法(憲法、民法、刑法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法)の全てが平仮名を使った口語体に統一される。法務省は「現代用語化で、国民により分かりやすくなる」としている。

 商法で定める陸上や海上での運送ルールは1899年の制定以来、実質的な見直しがされておらず、航空運送は規定そのものがなかったため、社会情勢の変化に応じた改正を求める声が出ていた。近く公布し、公布から1年以内に施行する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.