天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

岸田氏、総裁選の判断は閉会後/「信頼回復に集中」

2018/05/05 16:46

 【ハノイ共同】自民党の岸田文雄政調会長は5日、9月の党総裁選対応を判断する時期に関し、6月20日の今国会閉会後になるとの見通しを示した。訪問先のベトナム・ハノイで同行記者団に対し、石破茂元幹事長も同様の方針を表明したことに触れ「今は国民の信頼回復に努め、後半国会の議論に集中するべきだ。総裁選への対応は、それから後にするべきだ」と述べた。

 安倍政権について「長期化で国際的な信頼を獲得し、経済的な安定も確保できている一方、飽きやおごり高ぶりを指摘する国民の声もある」と言及。自身の立候補は「政治の信頼回復が、今後どう変化していくか見ながら判断する」と説明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.