天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

介護法案26日成立、3割負担に/参院委で可決

2017/05/25 17:50

 高所得の高齢者が介護保険サービスを利用する際の自己負担を3割に引き上げる介護保険関連法改正案が25日、参院厚生労働委員会で自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決された。26日の参院本会議で可決、成立する見通し。

 介護保険のサービス利用の自己負担は原則1割で、一定の所得がある人は2割。現在2割負担の人のうち、さらに所得の高い人が3割負担となる。対象は単身の場合で年収340万円(年金収入のみでは344万円)以上、夫婦世帯では463万円以上を想定しており、利用者全体の3%に当たる約12万人(厚労省推計)が該当する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.