天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

核禁止条約「亀裂深刻に」/岸田外相、交渉は時期尚早と強調

2017/05/20 19:54

 共同通信の取材に応じる岸田外相=20日、広島市
 共同通信の取材に応じる岸田外相=20日、広島市

 岸田文雄外相は20日、広島市で共同通信と会見し、国連で非核保有国が主導し制定交渉が進む「核兵器禁止条約」について、「強行すれば、反対する核保有国との亀裂が深刻になる。現実を動かすものにならない」と述べ、改めて否定的な考えを示した。

 岸田氏は、核拡散防止条約(NPT)体制下で核弾頭の数を最小限まで削減することが先決だと指摘。その上で、核保有国を巻き込み、検証可能な法的拘束力がある条約を導入すべきだとした。「条約などの枠組みを使うタイミングを間違えてはいけない」とし、禁止条約の交渉は時期尚早と強調した。

 日本は、3月に不参加を表明している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.