天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

衆院新区割り、7月施行/改正公選法成立へ

2017/05/16 18:45

 政府は16日午後、衆院の小選挙区定数を6県で各1減し、6県を含む19都道府県の97選挙区で区割りを見直す公選法改正案を国会に提出した。6月18日が会期末の今国会中に成立する見通し。新しい区割りは改正法の公布後、周知期間の1カ月を経て7月に施行される方向だ。これ以降に公示される衆院総選挙から適用される。

 施行されれば、小選挙区の定数が295から289に、比例代表は180から176に減り、計465は戦後最少の議席数となる。最高裁が「違憲状態」と判断した14年衆院選の2・13倍を今後3年にわたって下回るとみられる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.