天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

改憲時期明示は「自民総裁」発言/立場で区分と政府答弁書

2017/05/16 12:21

 政府は16日の閣議で、安倍晋三首相が憲法改正を実現する目標として2020年を明示した発言を巡り「自民党総裁としてのもので、首相の職務として行われたものではない」とする答弁書を決定した。首相と党総裁の職務は「同一人物でも立場によって区分される」と説明、発言が「立法府を軽視する」との指摘は当たらないとした。

 別の答弁書では、首相による改憲の主張と憲法99条が定める憲法尊重擁護義務の関係について「(99条は)憲法改正を検討し、主張することを禁止する趣旨のものではない」との見解も示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.