天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

北海道奥尻島の450キロ先落下/稲田氏、北ミサイルで推定

2017/05/16 10:42

 稲田朋美防衛相は16日の記者会見で、北朝鮮が14日に発射した弾道ミサイルについて「日本の防空識別圏内に落下したと推定される。落下地点の日本からの距離は、北海道・奥尻島から約450キロの日本海上だと推定している」と述べた。

 同時に弾道ミサイルの種類について「北朝鮮が発表した画像を見る限り『スカッド』『ノドン』『ムスダン』とは弾頭の形状が異なる」として新型ミサイルの可能性を重ねて指摘した。米本土を射程に入れる大陸間弾道ミサイル(ICBM)の可能性について「詳細は分析中」とした。

 エンジンに関し「直線状の炎が確認できる」として液体燃料を使用したとの見解を強調。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.