天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

室温設定28度に「不快との声」/対応検討と環境副大臣

2017/05/11 14:00

 1日、軽装でクールビズをアピールする環境省の職員=東京・霞が関
 1日、軽装でクールビズをアピールする環境省の職員=東京・霞が関

 11日に首相官邸で開かれた副大臣会議で、クールビズの冷房使用時の室温設定が議論になり、環境省の関芳弘副大臣が「28度は不快な温度だとの声があったので、対応を検討したい」と引き取った。出席した政府高官が明らかにした。

 政府は、オフィスや家庭の冷房を28度に抑えて軽装を促すクールビズを推進し、環境省はその旗振り役を務めている。

 これに関連し、菅義偉官房長官は記者会見で「皆さんが過ごしやすい温度でいいのではないか」と述べ、冷房の温度設定は柔軟に対応するのが望ましいとの考えを示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.