天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

現職と2新人の戦い、さいたま/市長選告示

2017/05/07 17:38

 任期満了に伴うさいたま市長選が7日告示され、いずれも無所属で、元衆院議員中森福代氏(67)と元小学校教諭前島英男氏(64)=共産推薦=の新人2人と、3選を目指す現職清水勇人氏(55)が届け出た。2期8年の清水市政への評価が主な争点。21日に投票、即日開票される。

 2013年の前回選で対抗馬を立てた自民党は、独自候補の擁立を断念した。

 清水氏はJR浦和駅前で「今後10年で人口減少局面に入る。持続可能な成長ができるさいたま市を、次の世代につないでいく」と訴えた。

 中森氏は同市南区で第一声。「市民の暮らしに税金を使う。死者ゼロの防災、家計負担ゼロの教育に取り組む」と支持を求めた。

 前島氏はJR大宮駅前で、現市政はハコモノや大型イベントへの支出が多いと批判し「保育や福祉を優先すべきだ」と主張した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.