天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

文科相辞任へ圧力―野党/自民、新国立検証お盆前に

2015/07/26 12:11

 与野党幹部は26日、新国立競技場建設計画の見直しをめぐり、NHK番組で主張を繰り広げた。野党は「下村博文文部科学相は辞任すべきで、辞めないなら安倍晋三首相が解任すべきだ」(松沢成文次世代の党幹事長)と辞任圧力を強めた。自民党の稲田朋美政調会長は8月のお盆前までに党行政改革本部で検証し、政府に結果を報告する意向を明らかにした。

 民主党の細野豪志政調会長は「下村氏の責任は絶対に免れない。税金の無駄遣いに対する感覚が甘くて鈍い」と批判。維新の党の今井雅人政調会長は、首相がもっと早く計画の白紙撤回を決断すべきだったとした上で「下村氏の責任は重い」と指摘した。

 共産党の小池晃政策委員長、社民党の吉川元・政審会長も下村氏の責任は重大だとして、国会で追及する考えを示した。

 稲田氏は「どこかで引き返す決断ができなかったのか。責任の所在も含め党内で検証する」と強調。公明党の石井啓一政調会長は、第三者機関が9月中旬に中間報告をまとめることを踏まえ「(文科省が)検証結果を受けて責任の取り方を明確にすべきだ」と述べた。

 下村氏の責任問題に関し、与党幹部は「下村氏に新国立競技場の総工費をめぐる情報がどれだけ報告されていたかによる」と語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.