天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

合区県からも代表選出要請/参院選改革で自民島根

2015/07/14 12:48

 自民党の岩城光英参院副会長は14日、参院選挙制度改革をめぐり、党島根県連幹部と松江市内で会い、「鳥取・島根」と「徳島・高知」の4県・2合区を含む定数「10増10減」案に理解を求めた。県連側は合区に反対の意向を示した上で、県代表が確実に選出されるよう要請した。岩城氏は午後、鳥取県連を訪れる。

 党参院執行部は16日までに、合区対象の4県のほか、定数が削減される宮城、新潟、長野の各県連を訪問する予定だ。

 公明党は14日の常任役員会で、民主党と合意した20県・10合区を含む定数「12増12減」案に基づく公選法改正案の提出に関し、参院執行部に対応を一任した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.