天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

東九州道予定ルート強制収用着手/反対派用地、福岡県代執行

2015/07/14 09:40

 行政代執行で強制収用されるミカン園が掲げていた看板を取り外す作業員=14日午前、福岡県豊前市
 行政代執行で強制収用されるミカン園が掲げていた看板を取り外す作業員=14日午前、福岡県豊前市

 福岡県は14日、北九州と鹿児島を結ぶ東九州自動車道の予定ルートにあり、買収に応じない豊前市のミカン園を強制収用する行政代執行に着手した。バリケードや小屋、看板を撤去し、早ければ1〜2日で終了する。

 対象は岡本栄一さん(69)らが所有するミカン園の土地約1・4ヘクタール。県職員ら計約200人が出動し、14日午前7時すぎからバリケードなどを壊したり、ミカンの木を伐採したりした。岡本さんは「ミカンの木、土地は私の物。財産を守る」と抗議した。

 東九州道のうち北九州と宮崎の間は、ミカン園がある椎田南―豊前(7・2キロ)だけが未開通となっている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.