天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

辺野古土砂搬入の規制条例成立/沖縄県議会、移設に遅れも

2015/07/13 12:28

 米軍普天間飛行場の移設先、辺野古沿岸部。奥は米軍キャンプ・シュワブ=3月、沖縄県名護市
 米軍普天間飛行場の移設先、辺野古沿岸部。奥は米軍キャンプ・シュワブ=3月、沖縄県名護市

 沖縄県議会で13日、米軍普天間飛行場の移設先、名護市辺野古沿岸部の埋め立てに使う土砂の県外からの搬入を規制する条例が自民党などを除く賛成多数で可決、成立した。11月1日に施行される。土砂搬入を無条件で禁じる効力はないが、移設作業に遅れが出る可能性がある。辺野古移設阻止を掲げる翁長雄志知事を側面支援する狙いだ。

 条例は特定外来生物が土砂に紛れて侵入するのを防ぎ、自然環境を保護して生物多様性を維持することを目的とする。

 公有水面埋め立てのため県外から土砂を運び入れる事業者に対し、90日前までに採取場所や特定外来生物の防除策などを届け出るよう義務化している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.