天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

政務官「日常的に行われた暴力」/体罰問題で大阪市教委訪問

2013/01/15 12:49

 男子生徒が自殺した問題の対応協議に訪れた文科省の義家弘介政務官(右)=15日午前、大阪市役所
 男子生徒が自殺した問題の対応協議に訪れた文科省の義家弘介政務官(右)=15日午前、大阪市役所

 大阪市立桜宮高バスケットボール部主将の男子生徒=当時(17)=が顧問(47)の体罰を受けた後に自殺した問題で、文部科学省の義家弘介政務官が15日、大阪市役所を訪れ、佐藤芳弘校長や永井哲郎教育長らと対応について協議。冒頭、「この案件は日常的に行われた身体的、精神的な暴力だ」と述べた。

 義家氏は外部監察チームと共同で実態解明を進める市教委の方針に対し「まずは市教委が主体的に調査すべきだ」と要望した。

 また報道発表するまで文科省に事案を報告していなかったとして、市教委を指導した。

 協議後、義家氏は記者団に「曖昧な枠の中で不幸な事件が起きた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.