天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

再稼働で経産副大臣ら大飯常駐/細野氏、監視体制を構築

2012/05/30 15:00

 関西広域連合の会合に出席し、関西電力大飯原発の再稼働について理解を求める細野原発相=30日午前、鳥取県伯耆町
 関西広域連合の会合に出席し、関西電力大飯原発の再稼働について理解を求める細野原発相=30日午前、鳥取県伯耆町

 細野豪志原発事故担当相は30日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に関し、安全性確保のため国と電力事業者などの責任者でつくる特別な監視体制を構築し、経済産業副大臣ら政務三役を現地に常駐させる考えを表明した。鳥取県伯耆町で開かれた関西広域連合の会合で述べた。

 政府は近く、こうした安全対策を福井県側に提案し、理解が得られれば、来月上旬にも再稼働を最終判断したい姿勢だ。細野氏は会合後、記者団に「説明を冷静に受け止めて聞いてもらった」と強調した。

 細野氏の説明に対し大阪府の松井一郎知事は「既定路線として再稼働の時期を決めるのか」と反発した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.