天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

大阪市入れ墨調査、15人が拒否/橋下市長「許されない」

2012/05/30 11:03

 大阪市の橋下徹市長が職員に回答を義務付けた入れ墨の有無を尋ねる調査で、約15人が30日時点でも回答を拒否していることが市への取材で分かった。市は、回答拒否の職員を戒告や減給の懲戒処分にする方針。

 橋下市長は30日、市役所で記者団に「組織上、許されない。正直者がバカをみる組織はあり得ない」と述べ、厳しく対処する意向をあらためて示した。

 市によると、16日の中間集計時点で未回答だったのは513人。回答拒否や白紙回答、病気でやむを得ず回答できない職員を含んでおり、このうち約15人が自身の意思で回答を拒否し続けているという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.